ゲキバカが自信作を引っさげて大阪へ!

『ごんべい』

作・演出 柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)
振付 伊藤今人(ゲキバカ/梅棒)
2013年2/8(金)~2/11(月・祝)
HEP HALL

狸と狐の大化け合戦。江戸の大火が大坂に飛び火!?娯楽スペクタクルの幕が開く。

圧倒的な熱量と男くささで舞台を充たし、「わかりやすいのに奥深い、王道エンタメ芝居」を追求するゲキバカが、代表作をひっさげてHEP HALLに初登場!
舞台は、人に化けた狸と狐が化かし合い愛と恨みと欲望で燃え盛る江戸の町。火消しに姿を変えた狸族の王子は一族の敵、狐族を討つことはできるのか?
忠臣蔵をモチーフにしたエンターテインメントスペクタクル時代劇!

あらすじ

江戸火消し「き組」の元に、ある日どこからともなく若者が現れる。
名も出自も明かさない。
ついたあだ名は、ごんべい。

このごんべい、実は狸族の王子。
人に姿を変え、自分の親族を皆殺しにした狐族への敵討ちを誓う。
しかしながら狐族の足取りはつかめず、火消しの娘に禁断の恋をしてしまう怠惰な毎日。

一方の狐族。こちらも人の姿を身にまとい、吉良のお屋敷を乗っ取り悪行の限りを尽くす。
人間に恨みを持つ狐族の長、九尾狐は江戸の転覆を狙っているのだ。

相次ぐ江戸での火事。ごんべいはついに狐族を見つけ、
火消しの衆とともに吉良の屋敷に討ち入りをかける。

「夏には雪を降らせましょう。冬には桜を咲かせましょう」

生きるとは何か?人間とは何か?
異形の者、ごんべいが江戸に奇跡を呼び起こす。

オリジナルテーマ曲ダウンロード販売中!

クチコミで公演を盛り上げよう!

「観たい!」「観てきた!」の声をお待ちしてます!!
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=28642

ページのトップへ戻る